2011年07月27日

それは思い入れ。

画像 036.jpg

あの場所と出会ってはや10年も経つ、自分よりも長生きの鉄筋鉄骨のアパートは、その古び具合も間取りも、そこから見下ろす空き地(菜園)の景色も、全てが穏やかで日当たりの良い思いで。
実際は大きなマンションの影もあり、畑は日陰気味だったのだがそれはさておき、その菜園の一部に作ったハーブと花のサークル。真ん中には瑠璃玉あざみ。周りには黒種草に桔梗、タイムにオレガノ、デージー、、
自分の性格が暑苦しいと判ってか、好きな花たちは涼やかで控えめなものが多い。

画像 041.jpg     画像 031.jpg

画像 042.jpg     画像 045.jpg
    

あの場所と、その開拓(石だらけの空き地の除草と開墾)作業は、僕が色々と溜め込んだ余計なストレスを見事に吸い上げ昇華してくれた。
少しづつ耕作できる場所が出来て、雑草の優勢地帯との線引きの為に、開墾で出てきた丸石で縁取り、積み上げた石の隙間にハーブが茂る様子に、外国の庭を想像したりしながら、、

そこで出会った花たちへの思いは、それは「こだわり」ではなく「思い入れ」。
全く個人的な、しかし尊くいとおしい。
野菜づくりはその思い入れの一部。
『自給しよう』というタイギメイブンは人様に説明するときに判りやすいからという理由ですぐ口にするものの、実際にその根底を流れる「思い入れ」を説明することは出来ない。。

画像 044.jpg

「思い入れ」はモノやコト、そしてヒトに対して心のある領域に宿り、場所を占有する。
妙な拘りが人間関係に邪魔を働いたり、はたまた、お互いがその領域を重ねあっていたり。。
人間は『癖』があるから面白い。
作物も、花も『癖』が見えるととてもいとおしい。

とにかく、観察あるのみなのだけれど、そのジックリした時間を許してくれるのは、僕にとっては大方自然に属するものだったりする。
人間の世の忙しない速度に参ったら、迷わず自分だけの花壇を作るとよいだろう。

そして、その花壇がだんだん広がって、家を取り囲み、町にあふれ出し、他の人と緩やかに共有できたら。
そして、その花壇は、実は食べられるものが一杯だったなら。。

『農業』に抵抗感がある人も、この考えはなんとなく理解してもらえるかもしれない。


さて、然したる世話もせぬままに毎年大変美しい花をつける玄関先のアジサイ。
もう季節は終わったけれど、青から赤紫が同じ株の中で混ざる絶妙な雰囲気。
そして、秋に楽しんだはずのラズベリーが早くもたくさん実ってくれた。
残念ながら雨で結構やられてしまったけれど、ちゃんとしっかり甘くて、すっぱくて、美味しい。

画像 046.jpg

画像 047.jpg     画像 048.jpg   

画像 051.jpg
posted by 農夫見習いパパ at 22:38| Comment(4) | 営業のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

ゆき。その後。

20110202 002.jpg
屋根雪がどんどん溶けて雪山の裏側についたつらら。
まるで鍾乳洞のような幻想的な眺め。
雪に覆われた一階部分だが、あちこち隙間が出来始め、見える青空の美しい事!
青空に感謝する。
雪の辛さを知って更に深まるこの感覚と気持ち。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新聞で雪に埋もれたお店を紹介していただきました。
取材していただいたのはちょうど寒波の最終日。
この冬最大の雪体積になった瞬間。なかなか貴重な取材でした。
「それでも店内には常連客や、地元の方々がいらっしゃり、ぽかぽか!」という記述なのですが、、
写真を見て、山間地であることを知っておられる方には「この雪じゃ行くのは危ないな!?」と思われそう、、

雪没.jpg雪没2.jpg

2月に入り、気温がぐっと上がり、カフェ周りの道のアスファルトは全てあらわになり、雪のボリュームも結構落ち着きました。

20110203 002.jpg

駐車スペースはまだまだ狭い(3台分程)ですが、切り替えしも出来、2輪駆動の車でも不安はありません。

20110203 001.jpg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

峠は越えた!、、と思いたい、、
とはいえ、山間地。お一人住まいのおじいちゃんおばあちゃん。高齢のご夫婦には今からの除雪や屋根雪下ろしもままならない。。
腰に紐を結わえて屋根雪下ろしをするお母さん。家を守る気持ちに対して「危ないから止めて!」とか「そんな不便な所は出て平地の町で暮らさない?」と言うのは簡単。
でもその責任感と重さにはそうそう適わない。

今年は水に恵まれたね。とつぶやく。
確かに今年の米作りには、去年程の渇水は無いだろう。
雪があるから豊かに暮らせる。
そのための備えを、『面倒』とか『無駄』と捉えるのも人の心だが、段取り良くマメに動いてしのぎ、恵みを受ける準備が出来るのなら、それは大変に尊い事。
家を守る事は、その営み全体を守ること。
家は大切。
posted by 農夫見習いパパ at 13:26| Comment(8) | 営業のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

ゆきとこおりのせかい

このような分かり難く不便な場所に、不安な中初めて尋ねてくださるお客様、足繁く通って下さる常連様。。本当に有難く、嬉しい。
そうして、お客様と町の家族に支えられ、5年目を迎えられるその事に、本当に奇跡のような、宿命のような深い感動を日々受け取らせて頂いている。。。

20110112 008.jpg

お客様より頂いた手作りのしめ飾り。古代米の稲穂がたわわに、橙の代わりのゆず(香橙)、紅白南天に、それぞれ豊穣と、花言葉の”健康美”、いかなる難をも転ずる(なんてん)が込められ、和とモダンさが上手に合わさった素敵な飾り。おかげさまで良いお正月を迎えられた。
ありがとうございます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お客様各位

今年もこの場所で、廻る自然と人の繋がりを一つ一つ大事にしながら、訪れる方の力になれるようなカフェを目指します。どうぞまたこの町に「還ってきて」下さい。いつでもお待ちしております。
                              
神音カフェ 店主


1月13日現在の町内の道の様子。

20110112 009.jpg

市の管理に因る神音へ通じる道路は、頻繁には除雪されていないものの、ある程度溶けています。ただし、気温によっては凍結していますし、側溝が雪に埋もれていて見えない為脱輪の恐れはあります。
ご来店ご予定のお客様はくれぐれもお気をつけになり、ゆっくりお越しくださいますようお願い申し上げます。
なお、お電話いただけましたら、その都度道の状況をお伝えします。(平野部でぼちぼちでも、山間地は酷かったりもします)

『いのちからがら』お越しいただきますと、暖かいストーブの前を「貸切」にできますよ!?
ご来店心よりお待ちしております。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


平野部ではほとんど消えてしまった雪も、山間地の日陰や屋根雪、吹き溜まりにはどんどんと雪が積み重なってゆく。。
カフェ周りは集落の道路に面している為、雪を捨てる場所が無い。駐車スペースに次々流れ出す屋根雪を手作業でせっせと高く積み上げ、平面を確保。4年もやっていれば雪捌きも手馴れてくる。
とはいえ、雪が降るたびにカフェの入り口を「発掘」しないとお店があけられないのはつらい。。
そんな訳で、この冬には今まで作ったことの無かった雪避けを入り口前に設置。
 
                    20110112 006.jpg           




裏手の屋根かに「つらなるつらら」雪間の青空に綺麗に反射して吸い込まれるような美しさ。
子供達の手の届かないところだから、折り取られること無く見事に整列。
          20110112 002.jpg       20110112 001.jpg

薪のストーブは力強く、家中を、そこへ休む人を、人の間を暖める。
薪一本一本に感謝を込めながら、くべるその時の香りの気持ちの良い事。
時には香木のようなかぐわしい香りを立てる木も混ざっている。
けっして「煙い」「燻り臭い」ということは無く、その香りはまるで体を清めるかのよう。
時々空に飛ぶ灰も、掃除を思えば嫌なものだけど、掃除の機会を与えてくれる事は良いことではないのか。

20110113 002.jpg

さて、真夏に「熱帯夜なんて一日もなかった」この菅池町、厳冬のさなか、店内スペース、住居スペース、すこしづつ進めた『隙間ふさぎ』と断熱。それが功を奏しているのか、はたまた、山暮らしに体がなれ、重ね着が上手になったのか?定かではないが、冷えて冷えて辛いということが無くなってきた。

灯油の消費も多いし、薪はガンガン贅沢にくべているし、エネルギーを使いすぎているなぁ、、とは反省しつつ、この快適さからはなかなか逃げられない。。せめて電気や水の消費を気遣いながら、燃料エネルギー使用を最小限に、効果を最大限に生かせるような、物理的に寒さを防ぐ空間作りをもっと工夫したい。

個人的には、現代工法の機密性の高い空間は確かに「寒い」「暑い」は緩和されるものの、長時間居ると体が「ボケ」てしまって、長期的には抵抗力の低下や運動の低下を招き生きる力が弱まるような「快適さの不自然」を感じる。

雪掻きや薪割りのせいだけではないと思うが、本当に風邪を引かなくなった。
お恥ずかしながら、食生活は乱れまくっているし、運動らしい運動もしていないけれど、抵抗力が上がっている気がする。。あ、でも子供達のリズムを意識しているので、勤め人をしていた昔若かりし頃、子供が一人だった頃は睡眠が乱れてたのに、睡眠の安定感は割りと高い気がする。
ちょっと辛い事はあっても、酷くなる前にリカバー出来る。
これは加齢による経験則なのかも知れないが、自分で自分の体をいたわる事が出来るのは良い事だろう。

子供がわらわらとい居る環境。
生活もなかなか大変だけど、
それを乗り越えられるように人間の体は出来ている。
リズムに逆らえば、全てにおいて負に飲まれる。
自然に生きることは、長期的な視点に立って、自分という『道具』を如何に上手に使いこなすかということを理解し、行動することから生まれるのではなかろうか。

昔の言葉に「分をわきまえよ」というものがあるが、
自分を知らないで、迷走する人は多い。
自分を知らない人を、自分を知らない人が左右する。そんな世の中。
こういう古く封建的な町は、知らないでは済まされない。
知るように、導く力があふれている。

僕はこの土地にへばりついて、子供達に恵まれて、ようやく自分の力の幅というものを知り始めたのかもしれない。


posted by 農夫見習いパパ at 18:39| Comment(2) | 営業のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

年末年始の営業のご案内

《年末年始の営業のご案内》

年内は25日(土)まで、新年は5日(水)より営業致します。


長いお休みを頂きご迷惑をおかけしますが何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

神音カフェの道路際には山茶花と白い八重椿が植わっている。
山茶花はここへ越してきた時に大きくなりすぎていた為、町のお父さんの手によってかなり大胆に切り詰められて2年程は本当にまばらにしか花が付かなかった。
去年は雪の重みで枝が一本大きく曲がったのだけれど、それでも多くのつぼみをつけてくれた。
かすかな香り。濃く艶のある緑の葉と和の赤に黄色。優美だ。

さざんか2.jpg


お客様からお客様へどんぐりのプレゼント。(マテバシイの実)
それは山の宝石。
こんどはまた別のお客様に、細かな丁寧な仕事で、アクセサリに。

どんぐり.jpg

どんぐりを贈りあうのも、身に着けるのも、なんだかプリミティブ。
posted by 農夫見習いパパ at 17:01| Comment(5) | 営業のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

臨時休業と営業時間のお知らせ&広告

誠に勝手ながら3月29日(土)は臨時休業させていただきます。
日曜日が定休とあり、御利用いただきにくい営業で申し訳ございませんが、なにとぞご了承下さいませ。


7月にこの地区に開業いたしました『山の幸直場所/神子の里』の店長職の為しばらくの間短縮営業とさせていただいておりましたが、現在は

定休日ー毎週火曜・日曜
AM11:30〜PM5:30まで

で営業しております。ランチの日替わりのカレーも御用意しておりますが、限定食数となりますので御予約いただきますと確実です。お席もおとりいたします。



さて、カレー屋さんではないのですが(苦笑)3月14日の放送のMROテレビ『ごちそうフライデー』で「石川カレー百面相(仮)」というカレー特集企画で神音の『地豆と挽肉のカレー』が紹介される事となりました。5時ちょい前から6時ちょい前までの放送時間のうちの前半らしいです。。
数十秒ですが、もしよろしければ見てみてください♪
店主は営業時間中につきチェック出来ない予感、、殆ど使った事がないヴィデオ録画もできるだろうか?と不安です。。

もうすぐ書店に並ぶ(はず)のるるぶ石川のドライブ特集ような記事にも写真1枚くらいの紹介をしていただきます。
るるぶかぁ。。でかい発行部数だしすごいなぁ、、と分不相応にビビっています。いまさらながら。。

どちらも取材は終っていますが、取材自体は結構好きなんですよね〜。大学時代にデザインコースの体験の中でレフ板とかストロボもって食品写真撮る授業が面白かったなぁ。。と思い出されます。
雑誌もテレビもそれぞれの道のプロの仕事が垣間見られて楽しいです♪

以上。お知らせと雑談でした!
posted by 農夫見習いパパ at 16:39| Comment(11) | 営業のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

貸し切りのお知らせ



2月2日(土)
は終日貸し切りとなります。
御迷惑をおかけ致しますが宜しくお願い申し上げます。



店主



ローカルですが、北國新聞の記事で御覧いただいた方もおられるかもしれません。
私も外部から羽咋市への移住者ですが、移住という事は難しいようで簡単、簡単なようで難しい、、(もしかしたら『難しい』ほうがまさっているかもしれませんね、、)そして『地域』に入ってゆくにはその土地の現実の生活とサポート側の行政の温度差や情報差があることは否めません。

そこで能登島では「移住者ネットワーク」という組織をこれまた移住家族である藤田さん御一家が立ち上げられました。

『移住支援により定着する世帯を増やし、地域を活性化する』

言葉にすると簡単ですが、現実は受入れたい側も移住したい側も不安が一杯で、情報不足です。。


まだ進みだしてやっと1年の神音カフェも直売所「神子の里」や菅池の町会活性を含んで『先進』しているという事で全国各地から視察の申し入れを受けてきました。もちろん同じ能登で、同じ問題に直面している所もたくさんあります。

2月2日はこの藤田一家を囲んで行政サイドの方、雑誌関係の方、様々な活動を行う経営者さんを含め『移住支援サポート』をテーマに『どろくさくかっこいい』これからの暮らしの豊かさを模索する勉強会(ゼミ)を開きます。

主催は神音カフェではありませんので窓口を開く事は叶いませんが、いずれにせよ長期的かつ「豊かで楽しい」暮らし「人間が心地よく生きる」環境「自然との共存」という普遍的なテーマに関心がある方はお気軽に店主までお声をおかけ下さい。


羽咋市民、菅池町民としても「空き農家、農地情報バンク制度」の有効活用もどんどん推進したいので、およばずながら頑張りたいと思っております。





posted by 農夫見習いパパ at 17:26| Comment(0) | 営業のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。