2010年07月14日

地域再生の行動3周年

菜園 027.jpg

移住者である僕に、あらゆる繋がりから外れてしまったような僕に、
この場所はコミュニティのあり方、人と自然の接点を気づかせて学ばせてくれて、そして生産の喜びを与えてくれた。

汲めども尽きることの無い魅力はもちろん自然のなせる業が中心だけれども、
この土地に代々暮らしてきた先祖たちの、土と水と空とのかかわりの蓄積こそが深い恵みをもたらしてくれているのだ。そこに人間の奥行きがある。


とはいえ時代の変化とともに流出して分散してしまったこの人と経済の繋がりがじわじわと消滅への道をたどっている、、


この土地に留めて、いや、取り戻して、なんとかこの魅力を守り伝えたい。
「神子の里」の創業はそんな地域の思いを表した、高齢化して疲弊した地域の「精一杯」の取り組みだった。
その事業も3周年。
当時の立ち上げは、神音カフェの開業と平行して同時進行だった為、多忙を極め、体調も大きく崩して、事故まで起こしてしまった。。。

開業しばらくは及ばずながら店長の職も任せていただいていたのだけど、如何せん、体はひとつ。
ここで無理をしては自分も続かないし、地域事業としての「人材育成」や「意識改革」の為の構造作りが急務であると意識し始め、今は取締役として組織作り、サービス内容の検討や農業法人としての基礎作りに取り掛かり始めた。

何故特に報酬も無い仕事をするのか?と、時々問われる。

けれど、僕のカフェの経営の本質はここにあって、「地域が生きて、そこに必要とされないかぎり商売は続かない」との思いが強いから。

開業準備中の10年の間、何度もカフェのブームや雑貨店のブーム、パンのブーム等を傍目にしながら、人気で継続発展する店もあるものの、多くのお店が廃業されたり、業態変更したりしていった。。
「何故続いていかないのか?」をいつも考えていた。


ここへきて、この3年の間、本当に多くのお客様にお越しいただき、そして共感していただいた。
「お金儲け」ははっきりと苦手だ。だけど、続くためには必要な投資というのも重々承知している。神子の里は精一杯だったけれどとても小さな、小さすぎるスタートだった。
だけど、それが自分たちの『身の丈』を常に教えてくれる。
神音カフェも同じく。

少しづつだけれど、土と一緒に歩む一歩一歩を。
時に無理をしてでも、長く繋がる取り組みを、町、コミュニティの本当の息吹を。

カフェがその一角で憩いと新しい夢への原動力を生み出す場になってくれれば嬉しい。
そう在れるようがんばっていきたい。

神子の里3周年.gif

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お知らせ

菅池町への移住の同士、made in nature の屋後さんは自然の力に魅せられて、その恵みを受け取りお客様にまっすぐ届ける人です。
http://ameblo.jp/madeinnature/

少しだけですが、メインの販売箇所となる「神子の里」の品揃えには及びませんが、同じ町内産のまさに「すぐそこの畑から届けられた野菜」を神音の野菜と一緒に販売します。
メニューの一部にも使っていますので、興味をもたれた方は是非お尋ね下さい。


今年はピクルス用のミニきゅうりや「カスタードホワイト」という滑らかで癖の無い使いやすい(作りやすい)ズッキーニも育てました。どちらも豊作でホクホクしています!
キュウリは取れたなりに、同じ菜園産のデイルなどのハーブを使って、ママがピクルスにしたものをカレーに添えてお出ししていますが、このまま豊作ならば少しお売りできるかもしれません。(すみません。。まだ未定です。。)
屋後さんの野菜のピクルスも食べたいので、リクエストしています♪

菜園 028.jpg
posted by 農夫見習いパパ at 23:31| Comment(2) | 農産直売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

身の丈

実に多くの方々のお力をお借りしてなんとか菅池町神音カフェを続けていられる。
猫かぶりに聞こえるかもしれないけれど、本当に感謝。

====================================
お知らせと予告


7月上旬にオープン予定の農産直売施設(株)神子の里の店長に就任したしました。
つきましては、近日中に菅池町神音カフェの営業を縮小致します。
具体的にはただ今調整中につき、また本ブログおよび、妻のブログにて随時お知らせさせて頂きます。

すでに「お気に入り♪」にして頂いているお客様、また、「一回行ってみなきゃ♪」と思って頂いているお客様、大変申し訳ありませんが、なにとぞご理解頂きますようお願い申し上げます。お越しいただく前にお店にお電話頂ければ幸いです。

0767-26-1128

なお、菅池町神音カフェにつきましては縮小こそすれ閉店は(意地でも)いたしませんのでご安心下さい(?)。ふと思い出して10年後にいらっしゃっても菅池町に神音カフェはございます。

======================================


僕としては恥ずかしながら自分のイメージするものを実現してゆくのに最適なキャンバスを得られたという自己中心的な感覚が強くて「地域のため」とか「理想の集落営農目指して」というテーマを大きく掲げる勇気も実力もまだ全然足りないと思っている、、
道の駅ー農産直売設備としての「(株)神子の里」運営にあたっても、今の身の丈にあったていどの事しか出来ないと思われる。
けれど、ちいさいながらもその身の丈目一杯の仕事はつとめさせてもらうつもり。

なにごとも人が寄り合って意見し合えばまずはそれぞれの立場というものが先立つのが『しゃば(このあたりの方言で世間)』のならい。
けれど、個人個人の利害を超えてほんとうの地域作りが出来るまで頭をよせ、一肌も二肌も脱ぐ人が増えてくれば状況は面白い様に変わってゆく。
そして自分から動けず、否定的な(もしくは傍観的な)立ち位置に居た人も、現実の変化を目の当たりにすると気持ちが動いて来る。
気持ちを動かし、地域を動かす。

これもまたとても「たいそう」な事を言うようだけど、今目の前の現実に前向きに取り組み体を動かせる人はその苦労を喜びに変えられる人。

僕には与えられた現実を楽しむ事しか出来ない。
無責任な印象を持たれるかもしれないけれど、今、借り物の土地に居るこの僕にとって今後20年いや50年の「ぼくら家族の家」のありようを決める大事な取り組みと切り離せない。
つまり、たまたま自分の都合と地域の都合が重なった。それだけのことかもしれない。。


これは『縁』。

神が僕の感性を通してここへ導かれた。
かんたんに言えば、大きな力に流され生かされているだけ。

ふと岐阜の実家と、幼い頃よく父親に渓流釣りに伴われて行った山々の暖かい暗闇を思い出す。普遍的であり、遍在する神々の欠片をこの能登で感じとっている。
posted by 農夫見習いパパ at 22:30| Comment(6) | 農産直売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

ベジタブル&フルーツマイスター

農産物直売所『山彦』での商品は基本的に「米と野菜及びその加工品」である。『kanon kaffee 神音カフェ』のフードメニューは当然ここで売られる「土地の野菜」を基本に産み出される。

販売接客業がそこそこ長いとはいえ、生鮮農産物を扱うのは始めての事。好きが高じてやっている家庭菜園だって自己流。知識は偏っているし、その魅力を伝えて楽しんでもらうには当然力不足だと思う。
そこで、同業の方で意識の高い方々との交流を広め、より高い提案と楽しさを御提供出来るようにと「日本ベジタブル&フルーツマイスター協会」の『Jr.マイスター』コースを受講しはじめた。

http://www.vege-fru.com/

まだ3講座終了しただけで認定まで猛勉強あるのみだが、この講座が非常に面白い!「コミュニケーション」を基軸にして進められる内容は「野菜を知る」事からいかにして「良さ、素晴らしさといった魅力」を「客観的に的確に」伝えてゆくかをとても重視しているのだ。
比べるのもおかしいかもしれないが、コーヒーマイスターの講座の弱点をカバーしているとも言える。(最近は、コーヒーの伝え方の講習や勉強会が増加しており、よい傾向だと思う)

http://www.scaj.org/index.htm

やはり、自分がお客様にその商品の本当の魅力を伝える事が出来たらどんなに素晴らしいかと思うし、逆に、魅力の無い商品、欠点の多い商品は扱わないという明確なスタンスにもなる。

信用や信頼を得ると言う事は簡単な事ではないが、このベジタブル&フルーツマイスターの受講者が自ら運営するコミュニティーでは継続的に情報交換し、お互いを高めている。メンバーには生産者、主婦や栄養士など、必ずしも販売業の人間ばかりでは無いので「非営利的、相互学習的」空気が強いように思えるのもまたお客さんに「誠意」として伝われば嬉しい。

北陸のマイスターは100人を超えたらしいが、その活躍の場が分散してまだまとまりを見せていない。。が、今回の講座と平行して北陸のコミュニティーも発足する事になった。消費者の方のより身近に「よい野菜と果物」が伝わる橋渡しになりたい。
posted by 農夫見習いパパ at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 農産直売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。