2008年03月09日

臨時休業と営業時間のお知らせ&広告

誠に勝手ながら3月29日(土)は臨時休業させていただきます。
日曜日が定休とあり、御利用いただきにくい営業で申し訳ございませんが、なにとぞご了承下さいませ。


7月にこの地区に開業いたしました『山の幸直場所/神子の里』の店長職の為しばらくの間短縮営業とさせていただいておりましたが、現在は

定休日ー毎週火曜・日曜
AM11:30〜PM5:30まで

で営業しております。ランチの日替わりのカレーも御用意しておりますが、限定食数となりますので御予約いただきますと確実です。お席もおとりいたします。



さて、カレー屋さんではないのですが(苦笑)3月14日の放送のMROテレビ『ごちそうフライデー』で「石川カレー百面相(仮)」というカレー特集企画で神音の『地豆と挽肉のカレー』が紹介される事となりました。5時ちょい前から6時ちょい前までの放送時間のうちの前半らしいです。。
数十秒ですが、もしよろしければ見てみてください♪
店主は営業時間中につきチェック出来ない予感、、殆ど使った事がないヴィデオ録画もできるだろうか?と不安です。。

もうすぐ書店に並ぶ(はず)のるるぶ石川のドライブ特集ような記事にも写真1枚くらいの紹介をしていただきます。
るるぶかぁ。。でかい発行部数だしすごいなぁ、、と分不相応にビビっています。いまさらながら。。

どちらも取材は終っていますが、取材自体は結構好きなんですよね〜。大学時代にデザインコースの体験の中でレフ板とかストロボもって食品写真撮る授業が面白かったなぁ。。と思い出されます。
雑誌もテレビもそれぞれの道のプロの仕事が垣間見られて楽しいです♪

以上。お知らせと雑談でした!
posted by 農夫見習いパパ at 16:39| Comment(11) | 営業のお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先週、木曜日に母とコーヒーとケーキを頂きました。
その時に他のお客様がカレーを注文されてるのを見て、食べたくなり、土曜日に彼と2人で再度お邪魔しました。
豆とひき肉のカレー、美味しかったです♪
食後のコーヒーをソファで、と我侭を聞いて頂いてありがとうございました。ゆっくりくつろげました。
また伺いますね。
Posted by のぶえ at 2008年03月17日 16:11
武藤様、浜坂です。お疲れ様です。

久しくお店に顔を出していないので
中々お顔を拝見する事がなかったのですが、
サイトでの記事を拝見する限りお忙しそうで
なによりです。

近日中にまた顔を出そうと思いますので、
その時はお時間があるときで構いませんので
近況報告を談議できればなと思っております。
Posted by はまさん at 2008年03月31日 11:56
はじめまして。こちらにコメントでいいのかわからないのですが、ちょっとお聞きしたいことがありまして・・。こちらのカフェは、どの辺りにあるのですか?今、七尾市内に住んでいるのですが、行ってみたいなぁと思っています。でも、場所がいまいちわからないので、もしよければ教えていただきたいのですが・・。何か目印になるようなものが近くにありますか??
Posted by chiezo at 2008年04月04日 00:20
>のぶえさま
コメントいただいていたのにレスが遅くて申し訳ありません、、m(__)m
いい日、いい時間帯にお越しくださり、ゆっくりしていただけたみたいで安心しました。
ここのところ連日ランチタイムはご予約とお待ちいただくお客様でみっちり。。お店としてはうれしい悲鳴なのですが、お客様には譲り合っていただいたり、ばたばたと要領の悪い私を気遣って下さったりと、、申し訳ない思いがいっぱいです。。
あくまで「自家焙煎コーヒー店」のつもりなのですが、「カレー屋さん」になりつつあります(苦笑)。。
またのお越し心よりお待ちしております♪

>はまさん
お疲れ様です!しばらくお見かけしなくて気掛かりでしたが、また近い日にお会いできることを心よりお待ちしております!
こちらは、、相変わらずばたばたと毎日に押し流されております☆
ブログも碌にアップ出来ない状態がそのまま忙しさの現われだなんて、ちょっと便りが無い遠方の息子が「便りの無きは達者の証」と開き直るのと同じですねぇ、、情けない。

>chiezoさま
とんでもない遅い返事で役にたつかどうかわかりませんが、、国道415号線を氷見方面に向かうと県境に神子原町があり、国道沿いに地域の農産直売所「神子の里」があります。大きな駐車場とプレハブのような長屋が目印です。
そちらでコーヒーカウンターも設けていますのでお尋ねいただければスタッフが教えてくださいます。そこから5分程の山間の小さな集落内です。
お越し心よりお待ちしております。
Posted by 農夫見習いパパ at 2008年04月12日 20:44
はじめまして。
北陸カレー物語のナマステと申します。
カレーが美味しいって噂を聞きつけて
今度お邪魔したいなーって思っています( ̄ー ̄)

いつになるか分かりませんが、
ちゃんと予約していくのでよろしくお願いします。
Posted by ナマステ at 2008年04月22日 19:57
>ナマステさま
サイト拝見いたしました。すごいですね!ほんとうに(心から)カレーを愛していないと出来ないお仕事。感動いたしました。
「カスリメティの香りに・・」全く同感です♪

さて、、当店は「自家焙煎コーヒーのカフェ」ですが、最近は「カレーやさん」「パンやさん
」と思われているフシもあるようです(苦笑)。。
こういうロケーションなので軽食のメニューも無いと利用しづらいのでは?との思いからコーヒー、チョコレートとならび南国の魅惑の香りと風味を満喫出来る(れっきとした「お料理」である)カレーを、土地の素材を生かして御提案してみたい!との思いから始めたものですが、まだまだ修行不足のようです(恥;;)
パンも洋菓子も同じくですが、小さなお店と設備で心を込めて丁寧に御提供できる数を守っておりますので品切れで御迷惑をおかけする事もしばしばございます。。
コーヒーのある暮らし。
豊かな自然の気に囲まれたこの場所で、総合的に良い時間を過ごしていただけますよう努力してまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m。
Posted by 農夫見習いパパ at 2008年04月23日 08:34
ご丁寧なお返事ありがとうございます。
ナマステです。

自分はカレーバカに思われがちですが、実はロハスな自然の空間が大好きで、そういったカフェなどにはよく行ってまったりしています。
カレーがなくても、神音カフェさんを知ったら行ってたと思いますよー( ̄ー ̄)
そこにカレーがあったので興奮してしましました。

すぐ近くの氷見側にも似たようなカフェがありますよね。たまに行きます。
気がついたらいつも山の中を歩いてますので、近くにいったら寄らせてください( ̄ー ̄)

あと、このカレーのページは単に「趣味」でやってますよー(´ε`)

でわでわ。
Posted by ナマステ at 2008年04月23日 10:47
 今日、主人と「神音カフェ」を訪れました。わたしはコーヒーを飲むとき、最初はブラックで、次に砂糖入りで、最後にミルクを加えて飲むのが好きですが、今日は、ブラックで飲んでとても美味しかったので、最後までブラックで飲んでしまいました。ご主人がコーヒーマイスターと知り、さすが、と思いました。でも、今度はカレーを食べようと思います。
 前にも一度、この近くまでやってきたのですが、ぐるぐる回って、ついに発見できず、帰ってしまったことがあります。今回、二度目の挑戦でたどり着くことができました。(いつのまにか、看板もできていたので)周りの景色も申し分なく、こんな奥まったところにあるので、ますますミステリーで異空間な世界に迷い込んだ気持ちになります。このカフェも、周囲の自然環境もずっと変わらずに居て欲しいと思います。
 でも、わたしの小さい頃は、おじいちゃんの家にもこんな囲炉裏があって、なべなどして夕食を食べたものでした。鉄瓶でお湯をちんちんいわせながら、熱いお茶も頂きました。
 とても、空気がおいしく、また、鳥のさえずりにも誘われて外を散歩しましたら、「忌中」という紙が貼られている大きな家が、カフェのほぼお隣にありました。看板をみると、朝、主人がお葬式に出席した人の家でした。ちょっと、いえ、とても、びっくりしました。広島さんは、おとうさまが亡くなられてもお仕事もおありになるし、こんな素敵なところなのに、すぐには戻られない事と思います。だれか、跡を継ぐ方がいらっしゃるのかしら、と、ひとごとながら、心配です。
 では、また、伺いたいな、と思いつつ、日々の生活は忙しく、心の中にそっとしまいこんで、わたしの隠れ家として、なにかの折には、きっと来るぞ、とかたく決心して帰りました。でも、今度はたどり着けるかしら?
Posted by シオン at 2008年05月05日 18:23
>シオンさま
コメントいただいていたのにずいぶんと遅い返事で申し訳ありません、、冬を抜け、ぐんとすごしやすくなってからというもの「オープンのときにも来たよ」と言って再度訪れてくださるお客様もちらほらと増えて参りました。
旅行雑誌にも紹介していただき、びっくりするくらい遠く(関東や関西)のご旅行中のお客様に探し当てていただくことにまことに有難いことだと感謝しながらも、夫婦二人で営む「日本の原点の生活のなか」のお店はひっそりと在り続けることが使命のような気さえしております。
わがままは十分承知しておりますが、同じ思いで富山から豆腐屋さんが移住され、開業される話が進んでおります。若い住民が増え、程よく人が出入りして、活気のある「生きた地域」になれるよう引き続きがんばってゆく所存でありますので、どうぞ暖かく見守っていただきますようお願いいたします。
またのお越し心よりお待ちしております。
Posted by 農夫見習いパパ at 2008年05月25日 11:00
はじめまして。昨日だと思いますが、大胆MAPを見てこんな生活したいと思いました。どんな所で修行されたんですか?どのように探せばいいのかわかりません。僕も近い将来に田舎に行って喫茶店をしたいと思っています。良かったら教えて下さい
Posted by 湯浅賢也 at 2008年08月25日 23:10
>湯浅賢也様
カフェにたどり着いたのは目的があって、家族があって、時間が流れて自然にこうなったとしか表せないですね、、
大学を卒業したあたりからの漠然とした「空間」への憧れが人間同士の繋がりという「立体的な時空」に変化していった10年越しの開業ですが、それについて「夢を叶えていいですね!」とか、「お若いのに早いですね!」というリアクションをいただくことへ対しては、私自身やっとスタート地点に立てたという感覚と、決して早くも若くも無いのになぁ、、という感想です。
湯浅さんが田舎をどういう風に捕らえられているかわかりませんし、喫茶店をどう捕らえられているかわかりませんのでなんとも答えようが無いですが、信念をお持ちで段階を踏まれれば迷うことは無いと思いますよ。
Posted by 農夫見習いパパ at 2008年08月29日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。