2008年02月15日

やさしさ

雪が降っている。一晩で30cm積もり、早朝4時には市の除雪車が家の前をさらえていった。おかげで朝子供をスクールバス待合所のところまで送るのに往生しなくて済んだ。有り難い。。
ただし、家の前の広大なスペースと屋根雪が落ちた山をどけて車を発掘する仕事は必須。除雪車が玄関先に寄せていった重い雪の山のバリケードも取り除かなくてはいけない。ほんと、この程度の雪で済んでよかった。(まだどうなるかわからないけれど、、)日中の気温の上昇と日光でかなり溶けてくれたのと、せっせとからだを動かしたおかげで明日同じだけ積もっても困らないような気がするけれどどうだろう?

さて実は車を畑に落としてしまった。。
1週間程前、早朝に降ったみぞれが家の前から下る急な坂道をつるつるのスケートリンクのように仕上げてくれていた。
凍結する朝はその道をとおってはイケナイ。
日陰で急勾配、湿気があって、ガードレールが無い。
重〜い4WDのステップワゴンは氷上滑る鉄の箱と化して、ハンドルもエンジンブレーキも受け付けず滑らかに続く堤防のような法面をゆっくりと転がり落ちた。。一回転半。冬期で何も植えていないふかふかの畑に助けられ怪我は全くなし。
子供達はチャイルドシートごとぶらぶらぶら下がっていた。
30分でジャフが来てユニックで上手に上げてくれた。スバラシイプロの仕事。重機使い。自走出来たのでそのまま整備工場へ。。。

その数日後、今度は軽自動車が雪の下にあったぬかるみに沈んで動けなくなった。事故ではないけれど、4〜500キロもある鉄の塊は足掻けば足掻く程泥に沈んでゆく。。
居合わせた常連様にまで助けていただくも、微動だにせず。。
『大人の男数人で持ち上げて脱出させるしかないか??』と話しているとお母さん『ああ、今用事で居ないけどうちのお父さんなら一人で上げてくれるから、明日まで待って』と。
この状態の車を一人で??どうやるのかと不思議に思いながらも、お母さんがあまりに自信たっぷり、信頼たっぷりに言うので間違い無いだろう。
その日の夕刻遅くお父さんから電話『朝は忙しいから後で行くから』
夜9時半。しんしんと細かい雪が降る中、でっかいかけや(木槌)とでっかい木杭、ロープと引き上げる道具(名前を知らない)を携えてお父さん登場。

てきぱきと畦に杭を打ちワイヤーとその巻き上げ機とロープをセットして車の後輪の車軸に結わえるとギコギコ巻き上げ機を動かすと何と!ジリジリと動く!!!
、、が車の重さに耐えられず相当深く打ち込まれた杭も抜けてしまった、、

めげる事無く、今度は20m離れた大きな木にロープを継いでいって結わえて再チャレンジ。
お父さんが巻き上げ機を動かしてゆくと嘘みたいに素直に車が上がってゆく、、、
小1時間。じっくり落ち着いてダメでも対策をすぐに立ててテキパキと動くその姿はほんとうに頼もしい。160センチでやせ形のほんとうに小柄な70歳のお父さんはほんとうに大きなお父さんだ。。

そしてとうとう一人で上げてしまった。
杭を打ち込む時に少し手伝ったものの、重い木槌を上手く扱えず要領を得ない、、ただ懐中電灯をもってつっ立てる木偶の棒のような僕が居た。

聞けば、軽トラを落としたり、トラクターを落としたりした経験から一人で対処できる術を身につけたという。『人に頼ればいいんだろうけどなぁ、、』と言いながらも、何ごとにもじっくり立ち向かうその姿にはほんとうに学ぶ所が大きい。


そして昨日。事故以来町内の細い道も全て徐行でそろそろと運転していたにも関わらず、急カーブで道幅の狭い場所でタイヤを取られてガードレールに擦ってしまった、、、、
ステップワゴンは修理より買い替えた方が安くなるというくらいの大破、軽自動車の凹みも2カ所。お金がいくらあっても足りない。。。


『何ごとも経験』『授業料だと思って』なんて言われつつも、どんよりと凹むここ最近。怪我が無い事はほんとうに幸い。滑った時の対処法を色々な人が教えてくれる。さっきもそろそろ走りながら復習して現場練習。

もともと車の運転は苦手。事故の経験もあるけれど、この町内での自然相手の事故はどうも後口が悪く無い。変な言い方だけれど、、
お父さんが教えてくれた様に、自己責任がとっても明確で、だれをもなにをも怨めないという状況、人間のエゴで動かす「機械」のひとつである「車」。

そんな当たり前だけどいつのまにか生活に密着し過ぎて感情の一部みたいになっていた事。自然がまずありき、道路を整備しない行政を恨んだり、他のドライバーや道路条件を恨むのは筋違いであるという、
当たり前の事を教わった。
それも自然のやさしさ、お父さんのやさしさ、底なしの懐のひろさだろう。

、、はぁ、、情けない。。
でも子供が無事で良かった。。。

保育園で一生懸命「くるまがごろーんっておちてん」とせんせいやおともだちに宣伝してくれている。
怖い思いをさせて申し訳なかった。。。

posted by 農夫見習いパパ at 15:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間のエゴで動かす「機械」。
バイク乗りで車を生活の糧としている自分には
耳の痛い言葉です。笑

バイクに乗る、と言う事は
ガソリンを使って排気ガスを出す、と言う事。
山の中で空気の匂いや温度を感じながら
走ってる時も資源を使って大気を汚してる。

また生活のためとはいえ
車を通じて仕事の中で廃棄物を生み出している。

エゴのために資源を消費し廃棄して行く。
現代の生活をする以上、避けられない事かもしれませんが
せめて心の隅にでもとどめておきたい。

少し話がずれてしまったかもしれませんが
こんな思いが浮かびました。
Posted by akechi at 2008年02月18日 18:13
>akechiさま
コメントありがとうございます。

私はえらそうな事は言えませんね、、

広い店内をあたためる為の暖房に石油をどんどん消費している。狭い耕作地でも効率化を図る為にトラクターを動かす。。

中山間地の農業、高齢化が深刻、山林の荒廃が深刻、、ゴルフ場開発よりどれだけかはマシだとは思いますが、重機を使っての広域の基盤整備(狭く細かい棚田や段々畑を機械で耕作出来るように広く平らな圃場に改造)、トラクターにコンバイン、、
機械のない生活は考えられません。。


ここに生活するようになってわかった事、
ここ何十年かの経済の変動によるシワ寄せのような、、地権者の思い、それぞれの生活、、

人は自分が生きて死ぬまでの区切りでしかモノが考えられなくなってきているような気がします。

昔の人は何代も繋がる永い時の流れをよんでいた。農業のリズム、自然のリズム、、エゴはここまで大きくなかったような気がします。

慎ましいばかりではいきてゆけないような、厳しい世界になってきた顕われかもしれませんが、本当は恐れる事なく、自然に寄り添うべきかもしれない、、

『ちゃんと意識する、じっくり考え、少しは行動に反映する』意思を強く持っていたいと思います。
Posted by 農夫見習いパパ at 2008年02月20日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。