2007年12月11日

冬支度

ほどなく雪が積もりはじめるであろう。
ここ数日は暖かく過ごし易かったのもあって、定休日を使って遅れていた冬支度を仕上げた。「雪囲い」である。『仕上げた』なんてまるで自分1人でやったみたいに聞こえるけど、実際はこの村のお父さんが8割かた進めてくださった。。去年の冬に切り出した直線でしっかりした竹をじっくり乾かして、アテ(能登ヒバ)の丸太を柱にして藁縄で結わえてゆく。葦簾を立て掛け、もう少し軽く細い竹で押さえる。水気が溜まり、重さもかかる下の方にはこもをあてて補強する。

倉から出してきた数年前にこのうちのおじいちゃんが作った葦簾やこもは横糸に白いナイロンのヒモが使ってあるが、それが意外に風化してもろく今年でもう使えないだろうが、葦の具合、なにより、丁寧で厚手、目の揃った「こも」は素晴らしく、横糸さえ丈夫ならばまだ数年使えただろう。。
冬場の3ヵ月ちょっとの事とはいえ、家の外壁や窓を守る意味で雪囲いは必須だ。この家が空家の頃はそれこそ波トタンで囲ってあったけれど、人が住んでいる家でそれではまるで廃屋みたいに見えてしまう。。丈夫ではあるだろうけれど。。
それで、面積の大きい家屋背面は横板10段はめて作る「雪囲い」を村の大工さんにお願いした。カフェであり、お店であるのでお客様の目に触れる前面は昔ながらのやりかたにこだわっておとうさんに御協力賜った。

素晴らしい出来。思わず眺めてしまううつくしさ。
お母さんの記憶もあやふやな6〜70年前の出来事。この家の構造となる黒々とした母屋の柱と梁を囲う「外屋(ぎや)」を補強構造にして立て直された。茅葺きを瓦に変え、外壁はその後何年かの内にトタンやセメントで補強された。
それで、この家の外観はその年代の築年数と共通する「普通の民家」。中に入って初めてその構造の古さに気がつく。
が、こうして自然素材で外壁補強すると古くからある価値がわかりやすくそこに顕われる。この菅池町で一世紀以上も変わらない眺めがそこにあり、僕もそこの一部でいられる。ほんとうに、この家は、素晴らしい。


この前の雪で急いでスタッドレスタイヤには変えたけれど、
今年の雪は激しいようだ。。ホンダの小型除雪機の購入を真面目に検討している。
神音カフェに御来店されるお客様にもたびたび『冬は(雪は)どうするのですか?』と尋ねられる。『酷い雪でも辿り着かれた方には必ず暖かいコーヒーをお出ししますよ。安心してください。ここは家で、私はここに住んでいますから』と冗談まじりにお答えしているが、どうなることやら、、


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

話は変わって御案内です、この神音カフェのお客様の一人で空間プロデューサーでもある横井幹雄さんの木工作品を展示販売始めます。自然にある美しさをそのまま生かしつつ、洗練されたバランスを空間に溶け込ませるその感性には本当に新鮮で心地よい驚きがあります。

以前からお取り扱いさせていただいている白山市の作家かんさんのみつろうそくに新作『芳香みつろうそく』と『2色らせんみつろうそく』『みつろうクリーム』が入荷いたしました。ひとつひとつに優しさが溢れる素晴らしい作品であり、深い癒しの日常品としてお勧めですよ。

そのかんさんは手づくり石鹸も出品されています。自然原料をとことん追求し、ここちよさと優しさを実現しています。

重複しますが、この地区にお住まいの谷口さんも女性ならではの感性で手づくり石鹸を出品されております。この方のせっけんもナチュラルで心地よい使用感を追求し、米ぬかやゴマという和風の素材にも挑戦しておられます。谷口さんは小さいお試しサイズも出品しておられます。  


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
          【営業のお知らせ】

年末は12月28日まで営業し、1月は7日から営業予定です。
なお、雪の具合が軽ければ、市の除雪が入るので神音カフェまでの道は走れます。が、不安でしたら一度お電話下さい。
0767ー26ー1128


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by 農夫見習いパパ at 21:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 大変ご多忙の中、久々の更新お疲れ様。
今日見ましたが、素敵な雪囲いでした
雪が積もって さらに映えた景色楽しみです。
Posted by 001番 at 2007年12月12日 21:42
>001番様
いつも御来店ありがとうございますm(__)m。
今日も一時雪がちらつき、部屋の中の暖房もジリジリと冷気に押されておりました、、、雪が酷い事にならないよう心から祈っておりますが、これも自然ですから抗いようはありませんねw
静かに、本当に静かにしんしんと降り積もる雪を神音の焙煎室ごしの大きな窓から眺めているとほんとうにうつくしく見とれてしまいます。お客様の空間にお客様がひとりもおられず、ぽつりとコーヒー屋の天主が贅沢な静寂を味わったりしております。寂しい?とんでもない!と強がってみせたり(苦笑)
雪が降ってもお待ちしておりますw
Posted by 農夫見習いパパ at 2007年12月15日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。