2007年05月30日

身の丈

実に多くの方々のお力をお借りしてなんとか菅池町神音カフェを続けていられる。
猫かぶりに聞こえるかもしれないけれど、本当に感謝。

====================================
お知らせと予告


7月上旬にオープン予定の農産直売施設(株)神子の里の店長に就任したしました。
つきましては、近日中に菅池町神音カフェの営業を縮小致します。
具体的にはただ今調整中につき、また本ブログおよび、妻のブログにて随時お知らせさせて頂きます。

すでに「お気に入り♪」にして頂いているお客様、また、「一回行ってみなきゃ♪」と思って頂いているお客様、大変申し訳ありませんが、なにとぞご理解頂きますようお願い申し上げます。お越しいただく前にお店にお電話頂ければ幸いです。

0767-26-1128

なお、菅池町神音カフェにつきましては縮小こそすれ閉店は(意地でも)いたしませんのでご安心下さい(?)。ふと思い出して10年後にいらっしゃっても菅池町に神音カフェはございます。

======================================


僕としては恥ずかしながら自分のイメージするものを実現してゆくのに最適なキャンバスを得られたという自己中心的な感覚が強くて「地域のため」とか「理想の集落営農目指して」というテーマを大きく掲げる勇気も実力もまだ全然足りないと思っている、、
道の駅ー農産直売設備としての「(株)神子の里」運営にあたっても、今の身の丈にあったていどの事しか出来ないと思われる。
けれど、ちいさいながらもその身の丈目一杯の仕事はつとめさせてもらうつもり。

なにごとも人が寄り合って意見し合えばまずはそれぞれの立場というものが先立つのが『しゃば(このあたりの方言で世間)』のならい。
けれど、個人個人の利害を超えてほんとうの地域作りが出来るまで頭をよせ、一肌も二肌も脱ぐ人が増えてくれば状況は面白い様に変わってゆく。
そして自分から動けず、否定的な(もしくは傍観的な)立ち位置に居た人も、現実の変化を目の当たりにすると気持ちが動いて来る。
気持ちを動かし、地域を動かす。

これもまたとても「たいそう」な事を言うようだけど、今目の前の現実に前向きに取り組み体を動かせる人はその苦労を喜びに変えられる人。

僕には与えられた現実を楽しむ事しか出来ない。
無責任な印象を持たれるかもしれないけれど、今、借り物の土地に居るこの僕にとって今後20年いや50年の「ぼくら家族の家」のありようを決める大事な取り組みと切り離せない。
つまり、たまたま自分の都合と地域の都合が重なった。それだけのことかもしれない。。


これは『縁』。

神が僕の感性を通してここへ導かれた。
かんたんに言えば、大きな力に流され生かされているだけ。

ふと岐阜の実家と、幼い頃よく父親に渓流釣りに伴われて行った山々の暖かい暗闇を思い出す。普遍的であり、遍在する神々の欠片をこの能登で感じとっている。
posted by 農夫見習いパパ at 22:30| Comment(6) | 農産直売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
林住期の婦人2人組みの片割れyusugeです.
今日は、とても楽しかった。他のお客様ともコミニュテイが取れるなんて農家型カフェの醍醐味ですねぇ。筍がひょっこり入ったアーモンドカレ−なかなかおいしかったし、見た目もとてもきれいでしたよ。写真に取りそこないました。いろいろ教えていただけてよかったです。奥様ともお話がしたかったです。子育ての話なら、私たちにまかせて!!乳飲み子をおんぶした姿にとても感動しました。がんばれ・・それから店長就任おめでとうございます。命を守り、はぐくむ為の土台をしっかり築くこと、大切なことです。誰に遠慮も要りません。その上で地域の為、人の為に還元していければ良いのですから・・・おばさんは、応援してますよ。
Posted by yusuge at 2007年06月01日 20:46
林住期に入った婦人2人組みの片割れ、yusugeです.
今日は、とても楽しかった。
コミニュティ型カフェですよねぇ。いろり端に座っていると誰とでもご近所さんのように話ができてしまうなんて・・ついつい、あれこれ質問攻めにしたオバハンを許して下さいね。居心地がよく、ひょっこり筍が入ったアーモンドカレーもデザートもおいしかったです。
奥様ともお話したかったです。乳飲み子をおんぶされた
姿に感動してた私どもでした。子育ての話ならまかせて!!と叫びたい。
店長就任おめでとうございます。命を守り、育む土台をしっかり築くこと大切です。誰に遠慮も要りません。
その上で、地域に尽くし、人々へ還元していけば良いのですから・・周りの親心いっぱいのまなざしに守られていることを憶えていてください。がんばれ〜



Posted by yusuge at 2007年06月01日 21:06
>yusugeさま
ご来店ありがとうございました。食事もデザートもお口にあったようで嬉しいです!そして何でも聞いて下さい!興味を持って頂けるのがなにより嬉しいのです。
私自身は「カフェ」というものがそもそも「コミュニティー型」であるべきだとの考えですし、人ひとり、家族一つがひとところに根を張ってちいさくても強い生き方をつなげてゆくことが次世代へ、循環発展型社会形成の礎になると信じています。
当然そこに自給率を上げる最小限の農業と、「手に職」と言われる様な産業をもつプロ意識も必要不可欠でしょうが、社会政策を変えて行政が何をしてくれても、当の生活者意識が変わらなければ何もかわりませんよね。
まず、意識的な暮らしを日々実践すること。これは全員が出来ることですよね。
yusugeさんとお連れさま。まるで母親のようなというと失礼にあたりますが(笑)落ち着いてはっきりと言葉をかけて頂いたことにおおいに励まされましたし、いい先輩に出会えて良かったと思いました!
『林住期』いいですね。実は私もそれを見越して進んでいます。人によりけりでしょうし、あと20年後、実際どういう気持ちで仕事をしているか想像がつきませんが、、今の家住期を選んだこの土地でみちみちとすごしてゆきたいです。
Posted by 農夫見習いパパ at 2007年06月03日 07:48
5月病?じゃないけど、先月は「−」の波動の月でした。自分自身自然に振舞っていたことに実は、凄くストレスを感じていたようで、十二指腸潰瘍まで出来てしまって。そんなタイミングでyusugeさんが私を「神音」に誘ってくれました。
山深い集落に進むにつれて郷愁を感じさせる自然と生活の匂いが、私を迎えてくれる。「神音」の
目に見えないおもてなし。そして、以前にも訪れたことがあったかのように迎え入れてくれる、あなた方ご夫婦と常連の男性。BGMの音楽。パパさんの声と笑顔に癒されました。
この日午後の能管のお稽古で初めて先生に「よく出来ました」とコメントをいただけたのも、菅池の空気が私を「+」の波動に変えてくれたのでしょう。また、たびたび訪れたいと思っています。
パパさん、ママさんとお子さん達を蔭ながら、
応援しています。また、おじゃまさせておしゃべりさせてください。
ブログ「笛子の部屋」覗いてみてください。
Posted by 笛子 at 2007年06月03日 11:53
素敵なお店でした。
時々能登に行くので、その前後にまた寄らせていただきます。
ヘタッピですが自分の日記写真HPにちらっと載せました。
紅葉とかも撮りに行きたいですね。
Posted by Iの旦那 at 2007年06月10日 05:35
>笛子さま
お返事遅くなって申し訳有りません、、先日はお越しいただき有り難うございました。
今日も仕事を終えて畑で作業をしつつ、、ふと立ち上がって向かいの山に目をやると、夕刻でもまだまだ青い空と雑木林の美しい緑のグラデーション。まるで時間が止まったかの様に吸い込まれる様な景色でした。
きっとここ菅池の空気が特別なのではなく、どこにでもある筈の自然のリズムを取り戻させてくれるきっかけがたくさん潜んでいるのではないかな?と私は思います。
いつ来ても変わらない自然そのままの神音でありたいと思います。


>Iの旦那さま
有り難うございました。写真なかなかいいですね〜!しばらく見入ってしまった上私もまた一眼レフなぞ取り出したくなりました、、この辺りは雑木林なので新緑も紅葉も素晴らしいですよ♪いつでも、お越しお待ちしております。
Posted by 農夫見習いパパ at 2007年06月11日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。