2007年05月14日

Enagy

04.jpg

なにごともムキになりがちな僕。いいかげんにこなすくらいならまったく触れずにほおっておいてしまう。。ブログを作っておきながら全くアップしないなど、まさにその典型と言えよう。書き始めればうっとしいくらい書くのにね。


さてさて、、神音カフェはおかげさまで毎日賑やかに、満ち満ちた時間を重ねている。
今までお越しいただいた方、もうすでに何度も足を運んで頂いた方、本当にありがとうございます!
買いかぶるつもりは全くなかったし、自分でもこれほどのお客様に来て頂けるとは思っていなかった。広告らしい広告をどこにも出さず、ひっそりと始めたつもりだったのだけれど、新聞やテレビの影響というものの大きさに戸惑いつつ驚き、喜んで居る。

思えば『過疎集落に若い子育て世帯が入居してカフェをやる(予定)』という一文でまだ準備中のところへぽつぽつとお客さんがいらっしゃっていた2月後半。わざわざわかりにくくて看板もない所へ来て頂いてただ帰ってもらうのも心苦しく、保健所の認可が降りた3月1日(地域イベントの棚田のひな壇にもあわせて)にだましだまし開けてみたら、そっからノンストップ。。。

途中「わかりにくい!」「駐車場が狭い!」「看板出して!」とお叱りを受け続けながらもそれらの整備の為の時間も割けない程。。もちろん僕のいたらなさ、予測不足、勉強不足、経験不足、、などのいろいろな原因が大きいけれど、必死で取り組んでゆくその中でまさに「お客様に育てられて」店が出来てゆくのを感じた。


まだまだスタート地点にすぎないが、この土地の神聖なる空気と地域の皆さんの本当にまごころのこもった援助、どんどん増えてゆく、同士、友人(超歳の差!)、市役所の力強いサポート。エネルギーがどんどん流れ込んで来て、大きな力に支えられているのを強く感じる。

『地域の為』なんて大義名分を掲げてやっているわけではけしてなくて、この頂き物に感謝してこちらも出来る事、関われる事にお返ししてゆく。
すごく当たり前で気持ちのいい事。

神音カフェはこの土地「菅池町」の共有財産となり、羽咋市の、石川県の、日本の農村の、、どこにでもある忘れられかけている「たいせつなこと」をおもいだす小さなきっかけとなればうれしい。
posted by 農夫見習いパパ at 21:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜い!ひさびさのアップに嬉しくなって書き込み。
仕事が変わって平日行けないのが辛いところ・・・そろそろ「神音ブレンド」が底をつきそうで、大事に飲んでいます。自分で入れてもおいしいので「アタシって結構上手かも」なんて誤解しがちですが、本物ゆっくり味わいたいです。おいしいパンも食べたいなあ〜。
Posted by むぎ at 2007年05月15日 23:38
>むぎ様
一体いつの話やねん!!と自分で一人突っ込みをせざるを得ないダメブロガーでございます。。。なんとか、かんとか、、
生活の中になんとかパソコンに向かう時間を増やしたいと思う今日この頃。
いつもご利用頂き本当にありがとうございますm(__)m。
Posted by 農夫見習いパパ at 2007年05月30日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。