2006年08月25日

生活様式

muginoho1.jpgblueberry.jpgcherry5.jpg

食の国際化という事もあるだろうが、文化や習慣というものは時代と共に変ってゆくものだ。とはいえ、それが多くの部分を「無意識の消費行動」に影響されている事はあまり自覚されない。

日本国民の小麦食(パンやパスタなどの洋食)が伸び、米の消費が釣られて下がる。それはここ何十年の外国との経済交差、情報外交、豊かさの追求などの活動により引き起こされたものだろう。しかし、もう少し長いグラフをおこしてみると、米の消費は100年以上前は今よりもっと少ない。データでは読み取れないがいわば『流通』しないで自己消費していた部分が大きいのである。

食料の自給が当たり前としてあった時代の方が断然長いのだ。
それが今や30数%。。。その不安を自覚する人は少ないといわざるを得ない。


食文化の変化はけして悪い事ではない。それによって豊かになった食の世界は、精神の豊かさや、経済の発展に多くの好影響ももたらす。
日常の『生活様式』の変化で小麦食が増えた事は、米以外の雑穀や麦を食していた昔の日本の良さの再現にも繋がりうる良い切っ掛けだ。
発酵食を基本に据えた食事という視点では、発酵食品である『パン』は実に面白い。現代日本人はパン無しの生活は考えられないだろう。それ程日用必需食品になっている。
にも関わらず、米にも共通して言えるが、その『質』に対してあまりに無頓着である。

生活習慣病の原因の一つにパン食による、高脂肪、高タンパク、糖分過多などが言われたりするが、それが端的に指しているのはいわば「大量流通されるコンビニパン」であり、「食味と品質の安定」を求めた結果、多くの加工油脂や糖質、化学添加物のリミットを超えた『商品』が市場を牽引しているからだ。

実際家庭で無脂肪、糖類微少で最高に美味しいパンが作れる事を知れば、このような『危険』なパンは口にしなくなるだろう。

小麦について言えば輸入小麦に使われるポストハーベストの害(アレルギーを引き起こす要因の一つと言われる事もある)とリスク、食品としての不透明性を考えれば、国産で経歴の確認出来るものの価値の高さ、食品としての食味の高さが浮き彫りになるだろう。当然国内食料自給率向上の要ともなる。

お金で買える価値、その本当の価値を知って、なおかつそれを持続経済へとつなげる。山彦はとても大きく大切な取り組みに全力を注ぎます。
posted by 農夫見習いパパ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。