2011年04月28日

連続体

20110325 003.jpg

冬に色を奪われて、色相が単調になった土の上に、明るく暖かいスポットが広がる。
それはまるで、乾ききった夏のコンクリートの上に落ち始めた大粒の夕立の雨粒のように、
みずみずしい潤いを色に変えて、匂いが拡散してゆく合図のようなフキノトウ。

そして、あれほどあった雪は夢のように解けて無くなり、
その重みに押しつぶされた地面が動き出す。

水仙は希望の象徴。
梅や桜やこぶし、れんぎょうに、芍薬の新芽たち、木々の芽たち、、
そして虫たちの蠢き。

20110325 001.jpg

ロマネスコというカリフラワーの一種。
雪の重みで茎が捻じ曲がり、葉が痛んでいたのに、その中にはかくも不思議なフラクタル。
今日の行いは、一月の行いと似て、一生の行いとまた似る。
自己相似の繰り返しは、外見上何のつながりも見出せないものであっても、結局は巨視的には過去にも起こり、未来にも起こること。
とどのつまりはどこへも行かず、何にもならない。

その振り幅が世界の豊かさであり、魅力である。
それは道教における対極図の在り様とよく似ている。
仏教の曼荼羅や、ケルトの文様。そして南米の織物。

しかし、それを大きく逸脱しようとするのは原子力の設備。
ちいさな存在である人間が、緻密に、時間をかけて積み上げたものを、一瞬で破壊する。
そして、時間をかけて押さえつける。

津波は違う。
海に家や畑をさらわれた人々も、代々住み継いだ其の場所と海を呪いはしない。
海からは命をもらい、生かされてきたから。
地すべり地帯や土砂災害にあう土地柄の人々も、長い長いスパンで、その自然と付きあってきた。
いまさら呪う事は出来ないし、そこに住まう事とそこから離れる事の意味も十分に判っていた筈。
その破壊の後には、また人間達がいとなみを繋げる場所が戻ってくる。

気候や天災によって仕事や、農業が出来なくなるのは「今までどおり」出来ないだけで、
消して「全く不可能になる」訳じゃない。
週末農業で、保証されすぎたお米作りが出来ないだけで、人間が生きてゆくに必要な食物はいくらでも作られる。
気持ちをくじき、折り曲げ、弱くさせたのは何か?

「甘え」のような気がする。。
えらそうなこともいえないか。。。

大都市に住まい、また、そこを離れる意味を正しく理解している人はいるだろうか?
はじめからそこに住んでいた人、「上京」した人。
仕事の為。生活の為。心の為。

人間の大きさを越えたものは、自然だけであるべき。
それは、経済であっても、エネルギーであっても、「便利」という「幻覚」から醒めて欲しい。
posted by 農夫見習いパパ at 16:23| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっと先日、念願かなって親子5人でカフェに足を運ぶことができました。奥様が子供用のおもちゃをすかさず持ってきてくださったり、マスターが丁寧に一つ一つ応対してくださったり、頭が下がります。サービスって型どおりのものではなく、その人の本当の気持ちから生まれたものが心に響くのかなあ、と思います・・・ありがとうございます。    神子原地区の風景にも穏やかな気分を味わいました。日本の良さ、本当に大切にしていきたいものですね。
また、夏の頃にも伺いたいです。蝉が鳴く頃に・・・ 
Posted by Mika M at 2011年05月07日 03:52
はじめまして

今日5月7日の午後、主人と二人で初めて伺いました。

とっても自然な時間をありがとうございました!!!

カフェの中の明かりが、なたね油と灯心と聞いて、暖かな光がとても印象的でした。

カフェを出てから碁石ヶ峰へ出ました。

途中美しい手の入った田んぼと富山湾・立山連峰・白山・・・・こんなに見事な景色が近くにあったんだと思いました

主人がカフェとその周りの事をブログに書きました

http://keijumed.exblog.jp/15473847/

またお伺いする日を楽しみにしてます。
Posted by あっちゃん at 2011年05月07日 19:33
>Mika Mさま
ようこそお揃いでお越しくださいました。
連休で本当に慌しく至らぬ対応で申し訳ありませんでした。。
つくづく自分達はおもてなしがなってない店だと反省する事が多いですので、そんな風に言って下さると本当に嬉しく、また、励みになります!
こちらこそありがとうございました!!!
そしてまたのお越し、お待ちしてますね♪

>あっちゃんさま
連休を抜け、お客様の重なりが落ち着きを見せ始めるとやっと本来の「かのん」らしい時間が訪れます。

菅池町。神音カフェという場所で、コーヒー一杯が取り持つもの。
それは人や自然との距離感も勿論ですが、
なにより、「自分が自分の時間を生き、自分のままの大きさに戻られること」だと、私は思います。

そのために裏方に裏方に、、
思うほどに前にしゃしゃりでてしまう自分にあきれつつ、お客様にいつも許容していただき、逆に励まされ、、なんだかバツが悪い店主でございます。。

ブログにも素敵に紹介して頂き光栄です!
お忙しいかと思いますが、またこの山の家をお尋ね下さい。
またのお越し、心よりお待ちしております。
Posted by 農夫 at 2011年05月08日 23:03
5月11日、1歳の小さいのとその祖父母と4人でお邪魔しました。
横浜から里帰り中で、小さいのを連れて行くと他のお客さまの
ご迷惑になるのではと躊躇しましたが、
帰るたびにお邪魔したい神音さん。。。行きたい思いが勝りました
^^;

おいしいカレーとホッとするコーヒー
マスターの丁寧な言葉にやさしい時間。

そんな中で昔は田舎で大嫌いだった羽咋という町が
愛おしく感じるようになってきました。
それは、離れて住んでいるから尚更でしょうかね。

次の里帰りにもまたお邪魔させてください。


Posted by とうちか at 2011年05月12日 23:39
すみません。お邪魔したのは12日でした^^;
Posted by とうちか at 2011年05月12日 23:40
>とうちかさま

ご来店ありがとうございました。
良い季節になりましたね♪そして、こちらへまた尋ねてくださり本当に嬉しく思います。
子供達はとても自然がよく似合います。
神音にはお子様連れのお客様が多くいらっしゃいます。
日常と違う「気配」のようなものに、騒いだり暴れることも無く、案外退屈しないようです。(ウチの子たちは慣れ過ぎて、お客様と出会うと物怖じせずはしゃぐのでいつも困らされます(汗)
子供達の「感性」は大人が思うよりずっと「素直」で正直な気がします。
他のお客様もこの「家のような店」でとても寛容に振舞ってくださいますので、お子様連れのばあいでもどうぞご遠慮なさらず。
またのお越しお待ちしております!
Posted by 農夫見習いパパ at 2011年05月17日 09:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。