2006年06月22日

オーガニック

3才になる息子、生まれてから2才くらいまでだっただろうか、、各種アレルギーが発症して辛かった。
子供のカラダのアンバランスの原因は親の食生活ではないか?と思う事もあったので、罪悪感と共に、自分もクリーンな状態を目指したいと強く思うようになった。
もともと僕の親が「化学調味料」「保存料」「着色料」のようなケミカルなものを嫌っている中で育ったので、それらを除去する生活はさして苦痛ではなかった。(今あらためて実家に帰ると、全然こだわりの無い食卓に少々驚くが、、)
子供のアレルギー反応食品を除去し、動物性の脂肪も相当落とし、野菜や油の類いは極力国産、オーガニック、低農薬を探した。
なかなか、不便である。そのころ家庭菜園もノって来ていてそこから無農薬、低肥料の野菜をとる事が出来はじめていたが、一般的な外食は殆どNG。
しかし、、限られた食の中からみえてきた『豊かさ』が確かにあった。
当たり前すぎて日本の殆どの家庭で失われつつある感覚ではないだろうか?
国産の大豆で味噌を仕込む。一年で消費する量をはかり、野菜を植え付ける。保存方法をいろいろ工夫する。畑でハーブを育てると、高いばかりで鮮度の低いスパイスを買わなくて本格的な欧風料理が楽しめる。季節を五感で感じながら健康である事に感謝できる。
「めんどくさい」どころか楽しいのだ。いや、楽しんで取り入れる事に成功したと言えるかも知れない。
世の中では今、オーガニックにヨガ、マクロビにエコ、ロハスという消費を求める声が高まりつつある。
しかし、考える根底に「消費」の仕組みを取り入れてみたい。
経済のしくみの中で『持続的』という項目を基本コンセプトとすると、どこかに負担をかけないで循環できるスタイルを追求出来そうな気がするからだ。
その昔、農村部にあった『ほんとうにゆたかなくらし』を夢見て。
posted by 農夫見習いパパ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。