2010年07月30日

iced coffee

菜園 034.jpg

欧米諸国ではアイスコーヒーはあまりメニューに無い。
日本独自というわけでもないが、食文化として「コーヒーはホットで楽しむ」という概念が優勢なんだと思う。
ホットコーヒーと比べたとき、アイスコーヒーの欠点をあえてあげるとすれば香りたつ『アロマの不在』だろう。(その代わり口に含んで飲み込そのときに閉じ込められた香りがフレーバーとして、後味として響くのだが、、)
香りによるリラクゼーションや覚醒は重層的で、複合的であったほうが満足感が深いし、それはコーヒーを挽き、点てる時に広がる香りの魅力でもある。
アイスコーヒーは「エネルギーを使い冷して香りを閉じ込めた」文明のなせる発展系の加工(一手間)コーヒーなのだ。

「冷たい飲み物」はそもそも『氷が無ければ出来ない』のだが、これほどまで国内にあまねく冷凍設備が行き渡った、高度経済成長の日本が手にした「快適」は電気=石油の大量消費チームの仲間入りを果たした事に拠り、それを享受し続ける『永続の幻想』に沸いた事が最大の原因のような気もする。

魔法のような飲み物、魔法のようなサービス。


さて、理屈はどうあれ、夏はアイスコーヒーが美味しい。
特に湿度が高い程に、そのきりっと引き締まったフレーバーとのど越し、、
尿や発汗により体内からナトリウムを排出する際に失われるカリウムを程よく補給してくれ、砂糖を使わずとも多少体温を下げてくれる。
「体が求める味」という理屈じゃない真実は強い。

とのたまいながら、結局夏でもホットを飲みまくる僕。


水出しのコーヒーの魅力もまた深いものがあるが、お湯と重力で浸透抽出する「ドリップ」の奥行きは愉しい。アナログなんだろうな。


菜園 032.jpg菜園 029.jpg

白いズッキーニは「カスタードホワイト」という品種。ピクルス用のキュウリと並んで大変使い勝手がよく、美味しい。マイクロミニトマトは綺麗。宝石のように。小さいくせに味はなつかしのトマトを思わせる酸味と香り。
固めの皮に好みが分かれるか。

グリーンカーテンは今年もなんとか屋根を上ろうとつるを伸ばし続ける。
千成ひょうたんはちゃんと受粉させないと千成しない。。。葉っぱは涼しげだし、雰囲気がいいのに未だ一株にひとつか二つ。植木鉢も小さかったけど、堆肥がいい仕事をしてくれているみたい。
posted by 農夫見習いパパ at 14:22| Comment(2) | メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今朝の新報道2001拝見しました。身近な人々は、
皆一様に「ついに、全国区に!!」と驚き、素晴らしいことと賞賛されていることでしょう。
羽咋市役所には、すごい公務員がいらっしゃるのですね。木村秋則氏の講演会できれいな標準語を話されて、中央の方かと思っていました。僧籍にあられて、ローマ法王にまで手をさし伸ばし、今日のブランド米を打ち立てたと聞き、恐れ入りました。「神子の里」の成功と、「神音カフェ」の力強い歩みを、地域の皆さんがどれほど誇りと喜びを持って支え、あたたかい眼差しで見守っているかを全国の皆さんにも知ってもらえた訳ですね。お隣氷見も負けていられませんね。私自身も再び元気をもらえました。これからも地域の方々と共に生き生きと、新しい若い文化を浸透させていかれることを願います。
    
また時々お邪魔いたします。

よろしくお願いします。
      
昨年から公務員をしているyusugeでした.
  

Posted by yusuge at 2010年09月05日 19:42
>yusugeさま
コメントありがとうございます。そしていつもお引き立てくださりありがとうございます。

実はお店単独での紹介を2年前にテレビ朝日さんの「大胆マップ」という番組で取り上げて頂いた事があります。
最近ではNHKの「金トク」で菅池町の取り組みを紹介いただいて、全国区は今回3回目という事に。

それにしてもさすが全国放送!反応が早い事に驚かされます。放送終了直後から神子の里にはお米の注文や農産物を求めてのご来店が殺到し、てんやわんやに。。神音は定休日にもかかわらず次々と尋ねてこられるお客様が、、
中には県外の方も。。

本当に私共の店にそこまでの魅力があるかどうかは怪しいですが、やはり、地域ぐるみの行動が続いて少しづつでも繋がり広がってゆく。
羽咋市役所高野さんのような『真に行動力を備えたお役人』さんとの関わりが、もともとこの土地にあった『骨』に、あるべき肉付けを与えてくれているという事、
地域の住民が皆自分たちの町を大事に思って行動しているということ。
それが日本全国の縮図として注目していただいていると言うことなのかな?と誇らしくも身の引き締まる思いです。


、、なにより、こうして何時も神音を大事にして下さっているお客様が喜んでくださることが、また嬉しく、折角のご来店にもしばらくの混雑にゆっくりしていただけない状況を大変申し訳なく、、複雑な心境の店主です。

テレビでの紹介を頂いた後の混雑への影響は1〜2ヶ月。
新聞や雑誌はもう少し長く。。ここ4年間の経験上そんな印象ですが、この夏は「旅行雑誌のるるぶ石川」さんに大きく『ロケーショングッド』とご紹介頂いた反響が大変大きく、混雑で折角の山里の雰囲気がお楽しみいただけなかったのでは?と心配になっています。。
加えて今回の取材。。。

マスコミへの露出は効果が暫く。
しかし、私たちの取り組みに終わりはなく、何年も何十年も続くものなのです。
ありがたい悲鳴を上げつつ、無理をしないようにじっくり取り組みたいと思います。
またのご来店心よりお待ちしております。

Posted by 農夫 at 2010年09月07日 08:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。