2008年10月25日

親が僕につけた名前「一樹」(いちじゅ)
自立し、足下の土と微生物、地表の虫や動植物を守り、風を受け天を目指す。自分自身がしっかと立ち、その前提の上で小さな生態系を循環させる「樹=大きな木=高齢の木」たれと。
逆に言えば、身の回りの環境が整わないと「木」で終わってしまい
「樹」にはなれない。
すなわち、自分が立つその環境を自分で整備し、身の回りの実に複雑で偉大な自然と早くに協調し溶け込まなければならない。
人の上に立つとか、事業を成し遂げるとか、友に恵まれるとか、身近な想いは込められないが、自己中心的だったり、場当たり的だったり、賭けに出るようなことは許されず、律せられ、縛られている。

名によって。


思えば僕の環境というものへの意識や流れてゆく時間への考え方にはこの名前が深く影響している。

父親に名前の由来を聞いたことは何度かあるが、その意味を繰り返し聞いたのか、それとも早い時期から自分の名前が気にいって意味づけしていたのか。。
少なくとも幼稚園時代は「いちじゅなんておじいちゃん(と思った)みたいな名前は嫌だ!」といって「かずき」と読んでもらっていた。
おかげで未だに帰省すると父も母も「かずクン」と呼ぶのでなんだか可笑しい。。(自分で「イチジュ」とつけたくせに)

小学校も高学年頃から、中学生時代は美術が得意で「人と違っていること」が心地よく、違っていることを周りの人々が「認めて」くれているように(都合よく)感じていた。
このころからすでに天然の楽天家、シアワセ者の兆候はあったのかもしれない。当然「イチジュ」という変わった名前が誇らしかったし、いちいち意味を説明して得意げになっていた気もする。

「ゲド戦記」や「ナルニア国物語」「指輪物語」を読みつぶし、自然と魔法、神(意思)と人間、そして生き方と名前(アイデンティティ)について夢想する中学高校生時代。

大学に入って、必死になって自己同一化を図っているそのとき、両親は離婚し父親が仕事仲間にだまされて抱え込んだ借金で、早急に自立する必要に迫られた。未だに育英会に自分で学費を返し続けている。


自然由来の名前をつけられて、さらに、なんだかタイソウな哲学的な仕向け。本の虫、パソコンの虫、仕事の虫の父親の仕業。



父は「直樹」岐阜の自然を愛している。渓流の美しい自然の中に幼少時にしょっちゅう連れて行かれた。父親も子供の頃金華山の雑木林を走り回り、川で泳いで育っていった。今彼は趣味の鮎つりを通して自然と関わってはいるけれど、その接点は本当に小さなものだ。(仕事の虫)

だけどそれを僕が引き受けている。

自分の名前を気に入っている。
名に恥じぬ生き方をしたい。


posted by 農夫見習いパパ at 21:02| Comment(0) | 菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。