2010年06月27日

有り難い

画像 108.jpg

「有る」「難しい」
そう。滅多にないから有り難い。

「与えよさらば得られん」とは、よく経営学や生き方を模索し学ぶ時に耳にするが、"Give and Take"であって、その順序が逆では都合が悪い。

でも、ここへ住んで自分はひとや自然に何かを与えることが出来ているのだろうか?
経済的には皆さんの想像よりずっと窮屈だけど、気持ちが窮することは無い。
それは凄く「あちこちから助けや援助を受けまくってる」から。


で、有り難がってばかりいる場合では無くて、ふとお返しがきちっと出来ていない感じで不安がよぎるのだ。
町の人たちは高齢化してもまだまだエナジーにあふれ、生産力にあふれ、喜びにあふれ生きておられるので、僕らはそのおこぼれにあずかっている構図だが、それがずううっと続くわけでは無い。

お客様も珍しい「少々話題性のある」この場所へ何とかたずねてくださるから商売がなんとか続けてゆける。。

本当に有り難い事。


自分がこの土地の自然の一部になって、循環を生み出し、人に何かを与えられるように。
力をつけて行きたい。
30歳を過ぎて付いた肩や胸の筋肉は、野良仕事と薪運びが原因だけど、この体に感謝している。
何かを生み出してくれるもの。それが自らの体であることを、女性は身を持って感じられるのだけれど、「農」を離れた現代の生活では男性がその感覚を得る機会が少なくなったのかもしれない。

もともと引き締まったところのない、情けない、インドア派バリバリの体系の自分でも、少なからず必要な運動と気持ちのマッチョイズムを満たしてくれる生き方でいられるという、この環境がまた「有り難い」。

画像 110.jpg菜園 013.jpg菜園 022.jpg
posted by 農夫見習いパパ at 22:22| Comment(0) | 菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

農法とくらし

菜園 001.jpg

反省したなまくら農夫は、苦手な「育苗や鉢植え」を克服するべく、春先から畑に心を注いでいた。
そして、冬越しのエンドウやソラマメ、たまねぎ、大蒜の育ちはぼちぼちなものの、ちいさな育苗用(防寒)テントをこさえて、トマトにバジル、ズッキーニ、インゲン、ナス、ミニきゅうり(ピクルス用)、雪化粧かぼちゃをすべて種から育苗し、それぞれの畑に植え付け、活着し、今の所順調!

鉢植えも堆肥を活用しつつ、あさがお、るこう草、千成ひょうたんに、お客様から頂いた藤の幼苗、黒法師の鉢を手入れ。

菜園 003.jpg

じゃがいも、サツマイモもいい感じ、ジャガイモの試し掘りもよさげ。

そして、金沢からつれてきてずうっとしょんぼりだった、瑠璃玉アザミは株を広げ、ドライオレガノ作りも順調。
こぼれ種のカモミールとディルは力強く広がり、韮とねぎの種まき後の生育も順調。

、、なんだ、やればできるじゃん!

といい気になるのはまだ早い。
そのうち生い茂る雑草と、夏の暑さに悲鳴を上げて万歳しちゃうかも。。
只単に、この丸3年、この土地の自然の移り変わりと畑の土の様子をみながら「タイミングがなんとなく体に染み付いてきた」ただそれだけのことかもしれない。

化成肥料を使うことには抵抗があったけれど、畑それぞれの土の状態と、適正がなんとなくわかるような気がするこのごろは、ごく微量ずつ補うように試している。
それは、ゆくゆくちゃんとした堆肥やボカシ肥が作れるようになったら置き換えて行きたい。

農家見習いは、この町のばあちゃん達の見事な輪作と種取、土捌きにようやく一歩だけ近づけたような気がする。

ばあちゃんたちはもともと出荷が目的では無い。
それは生きる糧、そして心の糧、先祖への感謝、、そんな見えない「くらしのこころ」があふれた営み。

自然農法、不耕起栽培、無農薬、有機栽培、水耕栽培に、施設園芸。
土地利用型大規模農業と、家庭菜園。

趣味的な、時間とコストの浪費的な家庭菜園は「しょせん」といって馬鹿にされたりするが、土と植物を何年もかけてちまちまと観察することは営業農家、専業農家には生活との秤の上で難しい面が多いのも確か。

りんご農家の木村秋則さんの苦節の10年。
その道を目指す人は必ずそこを通らなければならない。
近道なんて無い。

だけど僕だって、コーヒー屋を、カフェを目指して10年以上経っているし、実現した今もたかだかスタート地点に立てたにすぎない。

家庭菜園も8年目。無農薬で、ほったらかしで。農家出身ではなく。
でもそれは多分これから一生つづける営み。
趣味ではなく。


収益性があるかどうかは継続にはとても重要な要素だけれど、
「農家である」ということの生命力の原点をこの土地に感じた僕は、
農業というものの世間一般の先入観から遠いところに、
満ち満ちた「くらしの密度」としての生きた農家の姿があると確信している。
それは倦厭されたり、卑下されたり、自己満足とやっつけ仕事の工場生産ではない、高い精神性をもった「憧れられる」営みである。

菜園 008.jpg菜園 006.jpg画像 112.jpg

これらはすべてこの家の廻りに大した世話をするでもなく毎年花を咲かせてくれている古い株のもの。

8年前から毎年僕の野良仕事を見守る睡蓮。

雪で曲がってしまったけれどきれいに咲いた。ちょっと前の桃の花。
posted by 農夫見習いパパ at 13:26| Comment(0) | 菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。