2007年12月21日

何故この場所に辿り着いたのか?冬の雷鳴を聞きながら思い出してみる。

「モラトリアム」なんて言葉、最近あまり耳にしないけれど、結婚して子供を授かっていよいよ本当の時計の針が動きだした気がする。
それはもう2度と戻らない、一方にしか進まない針。
ずううっとまっていた気がする。
心地よい緊張感が漂う。
子供が溢れるエネルギーを与えてくれる。
そして方向がはっきりした事がなによりの救いである。

永遠かと思われるような青春の悶々とした苦しみ、、いや、渾沌の中で、ルーツの薄い僕の生い立ちが抱え続けた闇を、人生の執行猶予から開放してくれた。


幼い頃父親が、(冗談か本気かわからないが、、)『将来なにになりたいかなんかわからんだろう?トンガに夏休みの間住んでみるのもいいぞ』とか『帰農』って言葉がある。日本人は農が家であって、そこにかえってゆくのはとても自然な事だよ。宮澤賢二も言ってるだろ?』なんて言ってたの覚えている。せいぜい小学生の頃だ。

六男(祖父)の次男である父親には継ぐべきものはなにもなかったし、その長男(僕)への人生の選択についても全くといっていいほど「放任」だった。それが苦しくもあったのだろうが、そうして話しの節々に顕われていた「自然」への志向が今頃になって僕に徐々に効いてきたのかも知れない。

よく岐阜の深い山の渓流釣に伴われてキャンプに行ったものだ。子供心にはわからなかったが、毎年毎年大自然のまっ直中に連れ出され、しかも親が釣をしている間ほおっておかれた。
今、父親は本業の傍ら鮎つりを通じての渓流保全〜しいては河口から海へと続く自然環境全体を意識した特定非営利法人を運営している。


中学生の頃だろうか?それとも美術の道に進み始めた高校生の頃かも知れない。いや、、もしかしたら大学に入ってからか、脳裏に焼き付いている事がある。
テレビか、授業か忘れたけれど、日本の農業に対して警鐘を鳴らすNHKの番組を観て、お米生産者の方が『人生が80年としても、私は50歳。今まで30回程お米を収穫したが、あと20回程かと思えば毎回が真剣勝負だ。いいものを作る、それは今目の前にある作業を如何に最善で行ってゆくかだ』というような発言をされていた。

お勤め人、お役人、毎月生活出来るだけのお金が振り込まれるサラリーマンはしかし、「会社」という不安定要素に人生を預けるという事でも在る。
父親自体が自営業であったし、農業が「自然」という不安定要素を相手にしながらもあくまで『腕ひとつ』でいきてゆくという『基盤が自分の側にある』と言う事がとてつもなく大きく重要な気がしていた。

もちろん会社に勤める、公職に勤める事にもとても重要かつ強い意思と取り組みが必要な事、社会性と共に個々の責任意識が大切である事は言うまでもないし、勤めていようともあくまで基盤は自分側にある事に違いはない。

が、先のいわば「擦り込み」都も言えそうな『自然回帰/日本回帰』的素地にあった少年時代の僕は、
20年後まんまと自然に向かっていった。

そして、父親が望んで、得られなかった『家族』という形を追い求めている。
posted by 農夫見習いパパ at 02:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

冬支度

ほどなく雪が積もりはじめるであろう。
ここ数日は暖かく過ごし易かったのもあって、定休日を使って遅れていた冬支度を仕上げた。「雪囲い」である。『仕上げた』なんてまるで自分1人でやったみたいに聞こえるけど、実際はこの村のお父さんが8割かた進めてくださった。。去年の冬に切り出した直線でしっかりした竹をじっくり乾かして、アテ(能登ヒバ)の丸太を柱にして藁縄で結わえてゆく。葦簾を立て掛け、もう少し軽く細い竹で押さえる。水気が溜まり、重さもかかる下の方にはこもをあてて補強する。

倉から出してきた数年前にこのうちのおじいちゃんが作った葦簾やこもは横糸に白いナイロンのヒモが使ってあるが、それが意外に風化してもろく今年でもう使えないだろうが、葦の具合、なにより、丁寧で厚手、目の揃った「こも」は素晴らしく、横糸さえ丈夫ならばまだ数年使えただろう。。
冬場の3ヵ月ちょっとの事とはいえ、家の外壁や窓を守る意味で雪囲いは必須だ。この家が空家の頃はそれこそ波トタンで囲ってあったけれど、人が住んでいる家でそれではまるで廃屋みたいに見えてしまう。。丈夫ではあるだろうけれど。。
それで、面積の大きい家屋背面は横板10段はめて作る「雪囲い」を村の大工さんにお願いした。カフェであり、お店であるのでお客様の目に触れる前面は昔ながらのやりかたにこだわっておとうさんに御協力賜った。

素晴らしい出来。思わず眺めてしまううつくしさ。
お母さんの記憶もあやふやな6〜70年前の出来事。この家の構造となる黒々とした母屋の柱と梁を囲う「外屋(ぎや)」を補強構造にして立て直された。茅葺きを瓦に変え、外壁はその後何年かの内にトタンやセメントで補強された。
それで、この家の外観はその年代の築年数と共通する「普通の民家」。中に入って初めてその構造の古さに気がつく。
が、こうして自然素材で外壁補強すると古くからある価値がわかりやすくそこに顕われる。この菅池町で一世紀以上も変わらない眺めがそこにあり、僕もそこの一部でいられる。ほんとうに、この家は、素晴らしい。


この前の雪で急いでスタッドレスタイヤには変えたけれど、
今年の雪は激しいようだ。。ホンダの小型除雪機の購入を真面目に検討している。
神音カフェに御来店されるお客様にもたびたび『冬は(雪は)どうするのですか?』と尋ねられる。『酷い雪でも辿り着かれた方には必ず暖かいコーヒーをお出ししますよ。安心してください。ここは家で、私はここに住んでいますから』と冗談まじりにお答えしているが、どうなることやら、、


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

話は変わって御案内です、この神音カフェのお客様の一人で空間プロデューサーでもある横井幹雄さんの木工作品を展示販売始めます。自然にある美しさをそのまま生かしつつ、洗練されたバランスを空間に溶け込ませるその感性には本当に新鮮で心地よい驚きがあります。

以前からお取り扱いさせていただいている白山市の作家かんさんのみつろうそくに新作『芳香みつろうそく』と『2色らせんみつろうそく』『みつろうクリーム』が入荷いたしました。ひとつひとつに優しさが溢れる素晴らしい作品であり、深い癒しの日常品としてお勧めですよ。

そのかんさんは手づくり石鹸も出品されています。自然原料をとことん追求し、ここちよさと優しさを実現しています。

重複しますが、この地区にお住まいの谷口さんも女性ならではの感性で手づくり石鹸を出品されております。この方のせっけんもナチュラルで心地よい使用感を追求し、米ぬかやゴマという和風の素材にも挑戦しておられます。谷口さんは小さいお試しサイズも出品しておられます。  


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
          【営業のお知らせ】

年末は12月28日まで営業し、1月は7日から営業予定です。
なお、雪の具合が軽ければ、市の除雪が入るので神音カフェまでの道は走れます。が、不安でしたら一度お電話下さい。
0767ー26ー1128


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by 農夫見習いパパ at 21:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。