2007年07月22日

ただいま。

そういえば、ブログのタイトルは「準備室」としたままだ、、
これはそういえば1年程前にまだ見ぬ「神音カフェ」へ向かって緩やかに、じっくりと準備を重ねていた頃に始めたから。
まるで遠い昔の事のようでもあるけど、まだわずか1年前。
予定していた直売所の仕事もようやくスタート出来て、
3月にばたばたの中で開業した菅池町『神音カフェ』(casa神音とでもいうべきか、、)も再始動出来そうだ。

すっかりかかりきりになっていたせいで、神音のカフェスペースは掃除も行き届かず、あれ放題。。かろうじて動き続けていた焙煎室とオーブン周りを除いて徹底的に大掃除した。
これでもか!と高性能の掃除機も導入し、室内の快適性を追求して通気や除湿も。

。。ある意味常に準備してるから、ブログはその裏仕事を表してこのまま「準備室」でもいっかwと思ったり。。



殆どマイナス地点からのスタートと言っても過言ではない位、障壁の多い直売所開業ではあったけれど、運営者としての理念や思いをぶらさず、殺風景ではあるけれど、誇りとこれからの展望は大きく抱いている。
「地域が変わる」それは外側から出来る事ではない。
僕も、神音カフェとして、菅池町の武藤さんとして、この地域の未来を見据えている。いろいろな御意見やお言葉を一つ一つ大切に受け、上手に生かし、反映してゆく事で賑わっていきたい。
誰でもができる事ではないし、僕のような未熟者が安請け合いするべき事でも無い。けれど、(好奇心からでも)ここを気にかけて、応援してくれた多くの方々への恩返しの意味でも、この一連の活動を何年かけてでも結実させる。


すでに取材していただいた報道関係の方々、他県・他地域からの問い合わせ、、
神音カフェオープンからホント僅か5ヵ月の事だけど、これはあらゆる地域でも共通する問題を孕み、そこへ取り組んでいる事に価値を見い出してくれているからだと思う。

「我田引水」、、よくお百姓の精神を悪く言う言葉であるが、水(治水)は遥か昔から人間が・地域が直面し続けた課題。
例えそれがエゴの集まりだったにしても、どこかわからない外部へ大切な資源を投げ捨て、出所不明の非環境配慮の商品を取り入れるという行動へは向かわないと信じている。
その土地の者が力を合わせて土地の恵みを正しく享受し、そして土地へしかと返し続ける。。
それがコミュニティの原形であり、自然と共生するからこそバランスが取れている。

経済のうまい仕組みを取り入れながらも、不衛生な事はしない。
たとえ不器用だ、商売がなっていないとの批判を受けようとも、
地域の精神性は頑固だけがとりえではないのだ。

見えないけれど、確かにある。
そんな風景に宿る「神性」が。
そしてそれはありとあらゆる場所に。それぞれ。




===============================

【お知らせ】
神音カフェ(菅池町)を時間縮小ではありますが営業再開致します。

営業時間  PM1:30〜PM5:30
定休日   毎週 日曜日&火曜日
パンとカレーは不定期となりますが、産まれたての直売所の仕事にかかっておりますので御理解いただきますようお願い申し上げます。。

今後も神音カフェは「農家カフェ」としてこの土地に根ざしたスタイルで、自分達の出来る事をできる限り、商品とおもてなしの品質を第一に考えてまいります。
今しばらく、御利用いただきにくい形態を取らざるを得ませんが、直売所「神子の里」でこの土地の誇りとも言えるすばらしい農産物と共に、(紙カップの簡易式ですが)神音カフェのコーヒーとお菓子、パンも出品していますので合わせて御利用頂けますと幸いです。


店主


===============================



そうそう、梅雨の長雨は予想以上に農作物に悪影響を及ぼしている、、じゃがいもは腐り、トマトは病気にかかり、ナスは日照不足から実が太らない。ナス科には災難の年だ、、
そば、大豆、かぼちゃ類、今生育途中にある野菜が気掛かりだ。
直売でも品不足が深刻だけど、少量でも大事に(手間をかけて)育てられた山の野菜を是非食べてほしい。

posted by 農夫見習いパパ at 01:38| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。